ページの先頭です

探偵について

探偵の結婚前調査について

2016/04/20

結婚前調査(結婚調査、婚前調査)とは、結婚する前に、婚約者の出身や家族構成、就労先、生活状況、素行等を調べ、結婚するか否かを判断する為の調査になります。しかし、その具体的な内容は時代と共に変化しています。ここでは、一般的な結婚前調査の内容とその変化についてご説明させていただきます。

 

結婚前調査

結婚前調査といわれるものは、両親からの依頼で、「対象者となる方の出自を調べること」、「身上書(釣書)の内容を確認すること」を目的とし、聞き込み等を中心に行われてきました。身上書(釣書)とは、経歴,家族関係,現在の状況等のプロフィールを書いたものです。

調査をする理由としては、ご両親が息子、娘の為にという親心が一番ではありますが、結婚自体が当事者同士ではなく家族同士でするものであるという考えによるところも大きいようです。

 

現在の結婚前調査

個人の結婚観や、権利意識の変化、個人情報保護法等に伴う制度の変化により、結婚前調査の目的や内容も変化しています。

そして調査の目的も出自や家族より素行や生活状況についての確認が多くなっていますし、依頼自体も、両親が息子・娘の為にする場合が一般的でしたが、現在は自身で付き合っている相手の調査を依頼する方も増えています。

 

調査の内容は自宅、勤務先、交友関係、立寄り先の確認等が挙げられます。調査の方法も聞き込みなどの方法の他に、尾行・張込みによる監視といった方法が必要になる場合が増えています。

 

そして調査をする理由も「婚約者が浮気をしているのではないか」というものから、「本当にしっかりとした仕事をしているのか不安」、「お金を貸しているが、騙されているのではと不安」といったものまで様々です。

 

実際に相手の出自や家族がどうかよりも、相手を信用できるか否かの方を重要だと考える方が多くなったことにより、現状の結婚前調査は、婚約相手が、自分にとっての一生のパートナーとして信用に値するかを確認する為の調査といえるのではないでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東京ひなた探偵事務所
住所:東京都豊島区東池袋1-44-2
パラッシオ池袋803号室
TEL:03-5985-0667
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

探偵の浮気調査とは

2016/04/03

探偵に浮気調査をご依頼される方にはいろいろな方がおられます。

 

突然ご主人に離婚を切り出された方、相手の責任をはっきりと証明したい方、配偶者が浮気しているかどうかの事実を確認したい方、浮気相手に慰謝料を請求したい方等それぞれの依頼者様が、それぞれの理由、目的で調査をご依頼されます。

 

ご相談頂く方の中には「探偵の浮気調査は何をしてくれるのか」をまず知りたいという方がおられます。

 

各探偵事務所のホームページには、料金のこと、調査方法のこと、他の会社との違いなどが書いてあります。しかし、おおよそのイメージはあるのだけれど結局のところ何をしてくれるのかハッキリとはわからないといわれる方がおられます。

 

そこでまず、探偵に相談される前に、一般的に探偵の行う浮気調査がどういうものかをご説明させて頂ければと思います。

 

浮気調査とは

浮気調査は、行動確認調査、素行調査と呼ばれるものに含まれ、基本的には

夫や妻を追いかけて監視、写真や動画を撮影して記録。(調査)

そして、調査した内容をまとめた報告書や動画のDVDをお渡しする。(報告)

というものになります。

 

浮気調査の流れ

次に、実際に浮気調査する際のご相談からご報告までの流れで、基本的にほぼすべての探偵に共通する点についてご説明させて頂きます。

 

まず、調査前に必ず面談をすることになります。

実際にお会いして面談するのは、営業専門のスタッフがする場合、専門の相談員がする場合、調査責任者・調査員が直接する場合のいずれかになります。つまり、どういったスタッフが面談するかは、各探偵事務所ごとに異なります。

面談では、対象者となる方の情報や現在の状況等を確認し、内容に応じて調査方法や調査員の人数、見積もりの提案がされます。できるだけ詳細な情報があった方が、調査内容についても、お見積りに関しても詳細な確認ができますし、各探偵事務所ごとの違いも確認できます。

 

次に調査方法やお見積りを確認したうえで契約となります。契約の際には「重要事項説明書」、「契約書」、「誓約書(探偵業法7条により)」と三つの書類を作成することになります。これらは法律に定められているため必ず作成しなければなりません。

 

そして調査を行うことになります。

調査は「尾行」と「張込み」をして対象者となる方(例えば夫、妻)を監視して、ビデオやデジカメで撮影・記録します。調査の方法や人数については各探偵事務所ごとに異なります。ここが各探偵事務所の手腕の見せ所であり、料金に影響する要素のひとつにもなります。

また、調査日程の決定方法や、調査中の連絡方法、状況の確認方法についても、各探偵事務所ごとに異なります。
連絡方法や状況の確認方法には、現場の調査員と直接連絡が取れ、報告を受けることができる場合と、一旦、相談員等を窓口として現場の状況を確認する場合があります。

ちなみに、連絡や状況報告については契約者以外の方からの連絡・質問は受け付けない場合が基本です。これは探偵業法により探偵には守秘義務があることによるものです。また、調査内容が漏れることは依頼者様に大きな不利益を与えかねないことになりますので、探偵が特に気を付けなければならないことの一つになります。

 

調査終了後には、調査中に確認した内容を記載した報告書をお渡しするという流れになり、浮気調査の業務は終了となります。探偵の業務は「報告する」ということも含めて探偵業法で定義されており、この報告をさせて頂くことまでがセットで調査ということになっております。

 

この流れが探偵に浮気調査を依頼される際の一般的な流れになります。

面談方法、調査方法等は各事務所ごとに異なる点がございますので、事前に電話、メール等で確認してみることをお奨め致します。

 
浮気調査についてはこちら
 
調査の流れについてはこちら
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東京ひなた探偵事務所
住所:東京都豊島区東池袋1-44-2
パラッシオ池袋803号室
TEL:03-5985-0667
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

探偵の仕事について

2016/04/01

探偵の仕事は探偵事務所ごと様々ですし、内容は多岐にわたります。

依頼者様ごとに様々な依頼がありますし、各探偵業者も様々な調査に対応しています。

 

探偵の仕事としては、浮気調査が、1番一般的なイメージの業務で、次に人探しでしょうか。その他、探偵の仕事には素行調査から、企業信用情報や事故に関する調査など様々です。また、探偵業者によっては意外に思われるような仕事をしていたりもします。

 

探偵業界の中では、その業務ごとに

 

・「一部業者」
企業について調べる調査を主体としている業者

 

・「二部業者」
企業からの依頼で個人信用調査を主体としている業者

 

・「三部業者」
個人からの依頼で行う調査を主体としている業者

 

・「四部業者」
保険に関する調査を主体としている業者

 

というカテゴリーで業者を分けて呼んできました。もちろん、探偵業法としては、いずれの業者も探偵ということになり、聞込み、張込み、尾行により調査を行い、報告をするという点については変わりません。

 

各探偵業者の成り立の違い、業務内容の違いから、三部業者は個人からの依頼で、個人の問題を解決する、一般的に探偵といわれている業者が多く、一部、二部業者は興信所といわれ、企業からの依頼で信用調査を行うことが多いなどの違いがありましたが、現在、探偵も興信所も個人・法人の依頼の双方に対応し、業務内容についても幅広く対応していることが多く、名前の違いによる業務の違いというものはなくなっています。

 

実際に当事務所でも、個人、法人を問わず、保険関係の調査のご依頼にも対応させていただいております。

 

「浮気調査が1番多いのですか」とご質問頂くことが多々ありますが、探偵が「個人の方から頂く調査」ということでいえば実際にそうです。
 

普通に生活をしていて、個人の方が探偵に依頼する機会はなかなかあることではありませんし、証拠が必要な場合もそうあることではありません。その中で証拠が必要になる場合があるとすれば、その最たるものは「不貞行為」の証拠であり、離婚するため、慰謝料を請求するためといった場合になります。そのため、探偵が個人の依頼者様から頂くものの中で一番多いものが浮気調査になるかと思います。

 

浮気調査についてはこちら
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東京ひなた探偵事務所
住所:東京都豊島区東池袋1-44-2
パラッシオ池袋803号室
TEL:03-5985-0667
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

探偵とは

2016/03/31

 

探偵のイメージと現在の探偵

探偵業をやっていると調査以外で出会った方々に「そもそも探偵ってどんな事をしているの?」、「本当に探偵やっている人がいるんだ」等と言われることが多々あります。

 

また、「探偵」という仕事に対し、怪しいイメージを抱かれる方もいるようです。

 

そもそも探偵の歴史は古く、日本で一般的に周知されたのは明治時代です。そして、現在に至っても探偵に資格制度はありません(平成28330日現在)。

では、探偵とは・・・。

古くからある老舗や大手といわれる探偵、個人でやっている探偵など様々な探偵、興信所がありますが、「私は探偵だ」と自己申告している人が探偵でした。以前の話ですが。

 

また、会社名、事務所名も「探偵」の他、「興信所」、「調査会社」など様々あります。これらの違いは各社の成り立ちと、専門にしていた調査内容の違いが理由にあります。

 

しかし、現在は平成18年6月に制定され、平成19年6月に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」いわゆる「探偵業法」が、「探偵業者・興信所等」を定義し、業務を規制しています。

 

探偵業法による探偵の定義とは

 

探偵業法では、依頼を受け特定の人物に対する情報を尾行・張込み・聞込み等を行い収集し、その結果を依頼人に報告をする業務を行う者を言います(マスメディアを除く)。また、上記のような業務を行う場合は、営業所ごとに、所在地を管轄する公安委員会への届出が必要になります。要するに、探偵業の届出を行い、尾行・張込み・聞込み等の方法を駆使して情報収集する者を「探偵業者」ということになっています。

 

これが現在の「探偵」です。興信所も調査会社も「探偵業法」に定められている探偵です。

 

探偵業法が平成19年6月に施行されてから今年で9年になります。探偵や興信所の業務内容が、差別、人権侵害を助長する内容である場合があったことや、反社会的組織との繋がり等については、かなり改善されてきていると思います。

 

また、年に1度、探偵事務所に警察(営業所近くの管轄警察署)の立ち入り調査があり、探偵業法の違反がないか確認されます。万が一違反が発見された場合、ひどければ探偵業法のみならず法的に行政処分の対象になります。

 

では次回、探偵、興信所、調査会社と呼ばれるものが、どういった仕事をしているのかをご紹介させて頂ければと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東京ひなた探偵事務所
住所:東京都豊島区東池袋1-44-2
パラッシオ池袋803号室
TEL:03-5985-0667
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京ひなた探偵事務所 池袋 (東京) からのアクセス
ACCESS

東京ひなた探偵事務所 池袋

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-44-2 パラッシオ池袋803号室

池袋駅東口より徒歩3分

tel.0120-772-738 (24時間 受付中)

tel.0120-765-202 (女性専用ダイヤル9~17時)

fax.03-5985-0668

>>メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはお気軽に

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ 24時間OK!メールでの無料相談