ページの先頭です

離婚前に覚えておきたい便利な知識(第5回)

離婚前に覚えておきたい便利な知識(第5回)

2016/06/15

第五回「住宅ローン」(後編)

 

前編はこちら

 

中編はこちら

 

では、最後に、離婚の際に住宅ローンが残っているマイホームを売却せずに、夫が住み続け、住宅ローン名義も夫のままにしておくケースをご紹介させていただきます。

 

 

3、夫が住み続け、住宅ローン名義も夫のままの場合

 

このケースでは、銀行とトラブルになることは少ないでしょう。住宅ローンの名義を変更することもありませんし、住宅ローンの契約者がその家に住むのですから、銀行にとっては何の問題もありません。

 

しかし、ここで気をつけなければならないのが、妻が連帯保証人になっていた場合です。

 

このブログの前編でも記載しましたが、例え夫婦が離婚したからといって、銀行にとっては何の関係もありません。妻は連帯保証人になる契約を夫としているわけではなく、あくまでも妻が銀行との間でした契約だからです。

 

そのため、妻が連帯保証人になっていた場合、離婚して数年後に元夫による住宅ローンの支払いが滞れば、銀行は元妻に支払いを請求してきますし、元妻はその請求に対して支払いの義務があるのです。

 

 

では、どうしたら連帯保証人から外れることができるのでしょうか。

 

連帯保証人から外れるためには、主に以下の方法が考えられます。

 

  • 代わりの連帯保証人を連れてくる。(例えば、夫の両親や兄弟など)
  • 住宅ローンに相当する不動産を担保にして、連帯保証人から外してもらう。
  • 住宅ローンの借り換えをする。(例えば、住宅ローンの残高が、夫の収入のみで借り換えることができる場合など)
  • 別の銀行で住宅ローンを組み換え、新規ローン契約では連帯保証人を付けない契約にする。
  • 残りの住宅ローンを一括返済する。

 

やはり、住宅ローンの連帯保証人から外れるには、どの方法も簡単とはいえないでしょう。

 

そこで、連帯保証人から外れることが出来ない場合には、万が一、元夫が住宅ローンを滞納した際の対策をとっておくべきです。

 

具体的には、「離婚後に元夫が住宅ローンを滞納し、やむなく連帯保証人である元妻がその支払いをした場合、代わりに支払ったお金の全額を夫に請求できるものとし、元夫はこれに応じなければならない」というような内容を取り決め、この内容や強制執行できる旨を離婚協議書に記載し、それを公正証書にすることで、最終的には元夫に支払いの責任を負わせることが可能になります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東京ひなた探偵事務所
住所:東京都豊島区東池袋1-44-2
パラッシオ池袋803号室
TEL:03-5985-0667
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京ひなた探偵事務所 池袋 (東京) からのアクセス
ACCESS

東京ひなた探偵事務所 池袋

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-44-2 パラッシオ池袋803号室

池袋駅東口より徒歩3分

tel.0120-772-738 (24時間 受付中)

tel.0120-765-202 (女性専用ダイヤル9~17時)

fax.03-5985-0668

>>メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはお気軽に

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ 24時間OK!メールでの無料相談