ページの先頭です

離婚前に覚えておきたい便利な知識(第4回)

離婚前に覚えておきたい便利な知識(第4回)

2016/06/01

第四回「住宅ローン」(中編)

前編はこちら

 

では次に、離婚の際に、住宅ローンが残っているマイホームを売却せずに、夫または妻のどちらかが住み続けるケースをご紹介させていただきます。

 

●売却せずにどちらかが住み続ける場合

 

この場合、「誰が住むのか」、「住宅ローンの名義を誰にしておくのか」によって、主に3つのケースが考えられるでしょう。

 

1、 妻が住み続けるが、住宅ローン名義及び支払いは夫のままの場合

 

このケースは、専業主婦や、安定した収入のない妻が選択する場合が多いようです。離婚に向けて話し合う中で、養育費や慰謝料を少なくする代わりに、住宅ローンの支払いをするという条件で折り合いをつけることがあります。

ただし、この方法はリスクがあることに注意しなければなりません。

まず、元夫が住宅ローンの支払いをしてくれなくなるケースが容易に考えられます。住宅ローンの支払いが滞れば、最悪の場合、銀行が抵当権を行使し、妻の住む家は差し押さえれてしまい、立ち退きを強いられることになります。

その他にも、離婚によって住宅ローンの契約者がその家を出ていくことを銀行が知った場合には、住宅ローンの一括返済を要求してくるケースもるようです。

 

2、 妻が住み続け、住宅ローン名義を妻に変更する場合

 

基本的には、銀行は住宅ローン名義を変更することには簡単には応じてくれませんが、妻に十分な収入があり、返済能力に問題なしと判断されれば、住宅ローンの名義変更が可能になることもあるかもしれません。しかし、実際は、銀行が了承してくれるケースは極めて稀であると思っておいたほうがよいでしょう。

次回に続く・・・

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東京ひなた探偵事務所
住所:東京都豊島区東池袋1-44-2
パラッシオ池袋803号室
TEL:03-5985-0667
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京ひなた探偵事務所 池袋 (東京) からのアクセス
ACCESS

東京ひなた探偵事務所 池袋

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-44-2 パラッシオ池袋803号室

池袋駅東口より徒歩3分

tel.0120-772-738 (24時間 受付中)

tel.0120-765-202 (女性専用ダイヤル9~17時)

fax.03-5985-0668

>>メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはお気軽に

ご相談・お問い合わせ ご相談・お問い合わせ 24時間OK!メールでの無料相談