ページの先頭です

行方調査について

東京ひなた探偵事務所の行方調査

依頼者様から聞き取った捜索対象者の情報を基に関係先に聞き込みを行い、 捜索対象者の安否、所在を確認する調査になります。

「家族の家出」、「恋人の失踪」等、安否を心配してのご依頼から、「昔の知人に会いたい」や「逃げている債務者を見つけて欲しい」といったご依頼まで対応致しております。

行方調査料金はこちら>>>

行方不明者の現状

家族等が家出、失踪した場合、警察に届出をするのが一般的です。警察庁の発表(平成28年)によれば、警察に届け出される行方不明者数は、平成27年度で82035人になっています。近年行方不明者の数が著しく増えているということはない様ですが8万人台前半を推移しているようです。

では、どれくらいの人がどれぐらいの期間で行方が確認されているかについてですが、平成27年度に確認された行方不明者は、80232人になります。

その中でも、当日に確認されるケースが最も多く、1週間以内に発見されるケースが71.5%なります。逆に2年以上見つからなかったケースは6.3%になっております。

確認されたケースとして一番多いのは、行方不明者自ら帰宅する場合で、確認者全体の43.6%にあたります。

次いで警察によって発見(補導、捜索、職務質問)されるケースが、41%になり、自殺などを図り死亡した状態で発見されるケースが5%になります。

残りの10%は、他の方法で確認され、行方不明の届出が解消されたケースになります。この10%に該当する約8,000人の内、何割かが探偵等によって確認される場合等になります。

捜索の現状

行方不明者自らが帰宅する場合を除けば、その多くが警察によって発見されています。警察では「行方不明者発見活動に関する規則」の基づき、届出があった場合には、まずは事件性があるか、危険性はあるか等の判断をし、その上で積極的に捜索をするかどうか判断するようです。

事件性がないから探さないというわけではありませんし、補導や職務質問によって発見されるケースも少なくはありません。

しかし、事件性があるか無いかということと、家族が心配をする気持ちというのは、なかなか一致するものではありません。家族にとっては事件性の有無は関係なく、積極的な捜索を希望するのは当然の気持ちではないかと思います。

実際に私どもにご相談される方も、警察に届出をしているという方多くおられます。

東京ひなた探偵事務所 池袋 (東京) からのアクセス
ACCESS

東京ひなた探偵事務所 池袋

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-44-2 パラッシオ池袋803号室

池袋駅東口より徒歩3分

tel.0120-772-738 (24時間 受付中)

tel.0120-765-202 (女性専用ダイヤル9~17時)

fax.03-5985-0668

>>メールでのお問い合わせはこちら